タグ別アーカイブ: サーキット

GPS型ラップタイマー(続き)

前回からの続き。更新レート5Hzの性能をもつGPSロガーとAndroidスマートフォン(ラップタイム計測アプリ)の組み合わせテストを兼ねて、インテグラtypeR(DC5)を持ち込んで、SUGOサーキットを走ってみました。両デバイスの通信は「Bluetooth」です。
計30周を走ってみて、SUGOの公式計測値との誤差はコンマ1.5秒以内という精度をマーク。このくらいの性能までくると、実践で十分に使えます!!

LINEで送る

SUGOでスポーツ走行!

本日ベストは 1分46秒354止まりでした。自己ベストまで詰めようとペースアップしたのですが、直後にレインボーコーナー進入でスピン(^^;

次回がんばります!

LINEで送る

新しいブレーキラインを購入

レース対応ブレーキライン昨シーズンのサーキット走行では、酷使して高温になったブレーキフルードがブレーキライン(純正品)を熱膨張させてしまうので、タイムアタック時の大きな悩みでした。

周回10LAPくらいになると、この影響でペダルの踏みしろも大きく変化してコントロールが非常にしにくくなる。ラップタイムが上がるほどにブレーキを酷使するのでこの悪循環が収まらず、タイムアタックに影響しました。

これを改善するために、レース対応ブレーキライン(もちろん車検対応)を購入しました。今シーズンからはこの問題にはもう悩まされなくなるでしょう。週末に時間が取れたら交換作業をしたいと思います。ガレージが寒くない暖かい日になるといいなぁ。

…まぁ、仕事の状況次第なんですけど(^^;。。

LINEで送る

GPS型タイム計測アプリ

ラップタイム計測アプリ昨年は、スマホ端末を使ったサーキット向け「GPS型ラップタイム計測アプリ」を試してきました。

しかし、周回毎のラップタイムデータの取りこぼしが多くて、実践で使えるレベルにはほど遠い結果でした。サーキット上の計測ライン付近では、クルマは秒速35mにも到達するので、実は「やっぱりだめか」という想定結果でもありました。

徒歩やカーナビの用途を前提にしているスマホ端末では、内蔵GPSの更新レートはMax1Hz(毎秒1回のログ記録性能)です。秒速35m以上になるサーキットでは、Max5Hz(毎秒5回=0.2秒に1回)に対応できる更新レート性能を持った「外部GPSロガー」を別途用意して、「スマホ(アプリ)」と組み合わせる必要がありそう。さらに、この「外部GPSロガー」は測位障害を受けにくい車外(ルーフなど)に設置して、車内のスマホを連動させる必要もある。これは「Bluetooth」で確立させる方法かなと考えています。

所期に目指したスマホ単体でサッと使える「GPS型アプリ」からは少し違ったほうに寄り道しますが、とにかく目的が果たせる「パッケージング」を確認してみることが先決。今シーズンはこれを試します。

LINEで送る

一年の計は元旦にあり!

ラップタイム目標2014いつも、ラップタイムデータとコース図と走行した体感記憶を合わせながら、問題点や次に取り組むことをノートにまとめてます。人に負けたくない分野ではこういう詰め方をしていく暗い性格(笑)。

分析するうえで役立つデータのひとつが、「区間タイム」です。SUGOサーキットには、コース1周を分割した2つの計測区間があります。
今回のデータからは、それぞれの区間ベストタイムを足してみると「1分44秒613」が出ていて、区間単位では「44秒ペース」が何度か出ています。ただし、計測タイムとしては、0.628秒遅い「1分45秒241」で、もちろんこちらが公式タイムです。

課題に取り組みながら練習を積めば「44秒台は出せる」という根拠はデータからも明らかなので、来シーズンの目標設定については「1分43秒」にします。この目標値のもと、走りの技量や質の向上を狙っていきたいと思います。もちろん、クルマを壊さない(身体も施設も)ように楽しみながら、ですね。

この「43秒台」、いま時点ではどうすれば届くのか全く分からないです(^^;。でも、こういうところは会社の経営目標の立て方と同じだと思う。有言して実行して実現する。…どちらも頑張ります!

LINEで送る

ベスト更新「1分45秒241」

ベスト更新!急に思い立って「SUGO」へ(^^;。全般的な反復練習と課題箇所を見直しながら、3セット。

1セット目は所々がウェット状態だったため48秒台で頭打ち。ドライコンディションになった2セット目で攻め込んでみたところ、前回ベストを「1秒580」詰める「1分45秒241」をマーク。ラップタイムベスト更新です。3セット目は45秒台に何度か乗せるものの、走行台数が混んでいてクリアラップが取りにくく、44秒台には届かないまま終わり。。

このところ、クルマの挙動やパワーをコントロール下に置いた走りができている感覚が持ててきましたが、周回毎にブレーキポイントや走行ラインが不安定で、下手くそです。これらの課題を来シーズンへ。

クルマと積極的に付き合って自分を試したり挑んだり。技量に嘘のつけない結果がつきまといます(笑)。こういうところは仕事とよく似ていますね。来シーズンからも頑張っていきます!

LINEで送る

ラップタイムベストを更新!

SUGOレーシングコース土曜日、SUGOでスポーツ走行。今回も先輩たちに甘えることなく一人でタイムと向き合います。

前回の失敗があって先輩からもアドバイスをたくさんもらっていたので、その教えを守ってコースイン。ある程度のタイム固定をしたうえで課題箇所に的を絞り、ブレーキングポイントやライン取りなどを詰めていきます。何より守ったのが闇雲&無駄に「量」は走らないこと。より少ない周回数で結果が出せるように集中力を注ぎました。

そして、結果的にラップタイムベストを更新(^^v。昨年11月のベストから実に一年越しの更新。このときのタイムを「2.281秒」詰めて、「1分46秒台」に乗せました。もう少し詰められそうでしたが、ドライビングが荒くなりクルマをかなり暴れさせていたし、ここで調子に乗ると昨年のようなスピン&コースアウトを招きそうだったので、今日はこのくらいで(これも先輩の教え)。次回は反復練習に重点を置きたいと思います。

大人らしい考え方がちゃんと出来るようになりました(^^;。

LINEで送る