タグ別アーカイブ: 入院

突然エンジンストール

プチ入院診断の結果、イグニッションの接点不良で「プチ入院」になってしまいました。

私の愛車は23年前に製造された古いクルマなので、「プチ」という割には、部品入荷が怪しく退院日の見通しは立っていません。

カーエレクトロニクス技術がまだ幼い時代の設計なので、電子制御部分はけっこういい加減でよく壊れます。なにかボタンを押すとギーとかガ〜とか動作音が聞こえるアナログ的な技術も多いです。電圧にも気をつけておかないと時々バッテリーが上がってしまいます。今どきのエアコンは静かなものですが、このクルマはいかにも「エアコンを回してますよ」っていう音がして恩着せがましく、エンジンパワーもけっこう喰われるので「エアコン=快適」という図式にはちょっと届きません。エンジン音がうるさいので音楽は気晴らしにならない。乗らないときからメンテ等の世話が焼け、なにか起きても「泣かない」寛容さと覚悟が求められます。

でも、手放す気持ちにはなったことがないので、どこまでも付き合っていくしかありません。以上、今回の「入院」に際して少しだけ「泣き言」を書いてみました。

LINEで送る